tdk-profile

Company Profile

TDK ミクロナスについて

TDKミクロナスは、TDK株式会社のセンサ・システム・ビジネス・カンパニに属し、CMOSテクノロジを採用した磁気センサを提供しています。1952年に創立され、1962年事業本部をフライブルク(ドイツ)に移転、1993年にはホール効果をベースにしたセンサを初めてCMOSテクノロジをに統合させました。以来、25年以上に渡り開発・設計・製造を自社一貫生産で行っています。製品によりグレンロセス(スコットランド)でもテストを行っています。フライブルクにある開発・設計・製造、およびマーケティング&セールス部門の他にセールス・オフィスがグローバルに展開されています。2016年にTDK株式会社のグループ・カンパニとなりました。TDKミクロナスのコアとなるのは自動車ならびに産業機器向けのセンサ・ソリューションで、ホールスイッチ、リニア・ホールセンサ、3D ダイレクト・アングルセンサ、電流センサ、そしてブラシ付き/ブラシレスDCモータならびにステッパ・モータ向けの組み込みモータ・コントローラの製品ラインナップを提供しています。現在ではミクロナス・ブランドとして、自動車・産業機器向けに50億個を超えるホールセンサが出荷されています。

製品群 ― ホールセンサ

TDK ミクロナスはさまざまな用途に対応するホールセンサを提供しています。TDK ミクロナスは、CMOSテクノロジで製造されたホールセンサのパイオニアで、位置、圧力、速度、水位、電流など、さまざまなアプリケーション向けに最高品質の製品を提供します。差動センサも開発されました。ホール・スイッチには、シングル・ホール素子(HAL 5xy / HAL 2xy)、デュアル・ホール素子(HAL 7xy)だけでなく、プログラム可能なHAL 10xyを提供しています。また、リニア・ホールセンサには、プログラム不要なHAL 4xyやプログラム可能なHAL 8xy、LINなどのネットワーク・インターフェースを備えたHAL 28xyを提供しています。HAL 28xyは、いわゆる「スマートセンサ」あるいは「インテリジェント・センサ」で、小型マイクロコントローラを内蔵したシステムと同等のレベルのシステム・インテグレーションを実現します。

TDK ミクロナスは自動車向けに、高度な車内インテリアのみならず、ほとんどの用途のセンサ・システムに注力しています。

TDK ミクロナスは広範なホールセンサ製品群を提供しています。CMOSテクノロジとデジ/アナ混在による設計がミクロナスのセンサを高精度でインテリジェントなセンサにしています。そのため産業機器向けにも適しています。

またホールセンサは工場やホーム・オートメーションでも必要とされています。ミクロナスのセンサ・ソリューションは、ロボット制御や製造の自動化のためのシステムなど、産業機器向けにも広く採用されています。ホールセンサはまた、洗濯機、ドラム式乾燥機、調理台、冷暖房システムなど、家電製品にも使用されています。

 

製品群 ― スマート・アクチュエータ向け組み込みコントローラ

TDK ミクロナスが自動車向けにホールセンサを提供してから 40 年以上の年月を経ています。この間、製品の開発努力は続けられ、進化してきました。最初に搭載されたのは、車のクロックICです。

その後機能が追加され、組み込みマイクロコントローラを含む3つの主要な製品群を連ねるまでになりました。パフォーマンスにおける大きな変更点は、CPU コアが8-bit から32-bit になったことです。TDK ミクロナスの技術は、電力セーブ・モードやEMI 低減などの先進機能をセンサに内蔵し、顧客のシステム・コストを削減します。インフォテイメントやエンターテイメント、そしてボディ制御向けに、TDK ミクロナスは先進システム・ソリューションと ARM7TDMI® コアをベースにした LEAP(Low Emission Automotive Processors)製品ファミリ概念により、ミクロナスは最高のソリューションを提供しています。