Product Family

CUR 423x

高電流コアレス・アプリケーション向けTMR ベースのクローズド・ループ・センサ

 

CUR 423x は、AC/DC 計測に適した非接触磁界電流センサです。 TMR(トンネル磁気抵抗効果)センシング技術により、高電力アプリケーションの電流計測を高い感度と精度で行います。一次導体と電気的に絶縁されたセンシング回路は、ハイブリット自動車や電気自動車の高圧バッテリ・モニタリングに最適です。優れた信号対雑音比や使用温度範囲で1%未満(フル・スケール)の誤差で、5 kHzまでの信号バンド幅を持つアプリケーションに対して精度の高い電流計測を行います。
 

フィードバックコイル、シャント抵抗、TMRセンサ・ブリッジなど、クローズド・ループ回路に必要な部品が、薄さ1mmの業界標準TSSOP16 SMD パッケージに統合されています。大きな磁界集束コアが不要なため、スペースとコストを削減します。オフセットとゲインのデジタル温度補正、ローパス・フィルタ、クランピングなど、TDKミクロナスのプログラミング・ツールで容易にプログラムすることができます。


検出磁界範囲 ±7 mTと±40 mTの二種類のセンサが用意されています。磁界検出範囲を選択できるため、電流値の異なるアプリケーションに対応できます。


CUR 423xを搭載した電流センシング・モジュールは、製造工程で出力ピンを介してプログラミングすることができます。C選択可能なインターフェースにはSENT(SAEJ2716 Rev.4)、SPI、またはフル・レシオメトリック・アナログがあり、アプリケーションの要件に柔軟に適応します。


CUR 423xはISO26262に対応して開発されており、さまざまな診断機能が統合され、ASIL-B レベルの機能安全に対応します。また、CUR 423x は、自動車向けに設計されています。AEC-Q100 による評価を受けており、ジャンクション温度–40 °C to ~170 °C(TJ) で動作します。

CUR 423x ブロック・ダイアグラム

https://www.micronas.tdk.com/sites/default/files/svg/CUR423y_block_diagram.svgCUR 423x ブロック・ダイアグラム

製品ファミリ

CUR 4235GWBA

パッケージ: TSSOP16
注文コード: CUR4235GWBA
インターフェース: アナログ, SENT, SPI
動作温度範囲: -40°C - 170°C
磁界範囲 [mT] : -40 - +40

CUR 4235GWDA

パッケージ: TSSOP16
注文コード: CUR4235GWDA
インターフェース: アナログ, SENT, SPI
動作温度範囲: -40°C - 170°C
磁界範囲 [mT] : -7 - +7