Product Family

HAL® 2xy

ロー・コスト・ホール・スイッチ

概要

HAL 2xy 製品ファミリは、CMOS テクノロジで製造されています。アクティブ・オフセット補正機能を備え、温度補正されたホール素子、コンパレータ、オープン・ドレイン出力トランジスタが内蔵されています。

コンパレータは、ホール素子を貫く磁束(ホール電圧)とリファレンス値(スイッチング・ポイント)を比較し、出力トランジスタのオン・オフを切り替えます。

アクティブ・オフセット補償により磁気パラメータは機械的ストレスの影響に対して強固です。 さらに、電源電圧や温度範囲に依らず一定の磁気特性が得られます。

自動車・産業機器向けに最適で、3.8 V~24V の電源電圧、–40 °C~125 °C のジャンクション温度で動作します。

HAL 2xy 製品ファミリには、SOT89B SMD パッケージ、または TO92UA リード・パッケージで提供されます。

ブロック・ダイアグラム – システム・アーキテクチャ

ホールセンサは磁界に反応するモノリシック集積回路です。 磁気反応するホール素子に垂直に磁場が与えられると、バイアスのかかったホール素子はこの磁場の強さに比例したホール・電圧を発生します。 ホール電圧は、コンパレータで実際のスレッドショルド値と比較されます。

温度特性を持つバイアス回路は、高温で磁気が減少するためにおこるスイッチング・ポイントのずれを補正します。 磁場がスレッドショルド値を超えるとオープン・ドレイン出力は適切なステートにスイッチされます。ヒステリシスを内蔵しているので不要な発信現象を抑制し、出力のスイッチング動作をバウンスすることなしに実現します。

機械的ストレスによって生じる磁気オフセットは、「スイッチング・オフセット補正技術」を使用して補正されます。

https://www.micronas.tdk.com/sites/default/files/svg/block_hal2xy.svgHAL 2xy
https://www.micronas.tdk.com/sites/default/files/fallback/1500px_block_hal2xy.gifHAL 2xy