Product Family

HAL® 5xy

高精度ホール・スイッチ

概要

HAL 5xyは、CMOSテクノロジを使用したホール・スイッチ製品ファミリです。すべてのセンサにはアクティブ・オフセット補正機能を備えた温度補正されたホール・プレート、コンパレータ、オープンドレイン出力トランジスタが統合されています。コンパレータは、ホール・プレートに起電する電圧(ホール・ボルテージ)とリファレンス値(スイッチング・ポイント)を比較して実際の磁場の強さに換算し、出力トランジスタのオン・オフを切り替えます。

このセンサ・ファミリには、異なるスイッチング動作とスイッチング・ポイントが備わっています。アクティブ・オフセット補正により電源電圧や温度範囲に対して安定した磁気特性が得られます。 さらに、磁気パラメータは機械的ストレスに対して強固です。自動車・産業機器向けにデザインされていて、–40 °Cから150 °C の温度範囲と3.8V~24Vの電源電圧で動作します。 センサは、SOT89B-1 SMDパッケージ、あるいはリードTO92UA-1/TO92UA-2パッケージで提供されます。

ブロック・ダイアグラム – システム・アーキテクチャ

HAL 5xyセンサは磁界に対応するモノリシック集積回路です。 磁気反応するエリアに垂直に磁場が与えられると、バイアスのかかったホール・プレートはこの磁場に対応してホール・電圧を発生します。 ホール・電圧は、コンパレータで実際のスレッドショルド値と比較されます。

温度特性を持つバイアス回路は、ホール・プレートの電源電圧を増加させ、高温で磁気の減少するスイッチング・ポイントを調整します。 磁場がスレッドショルド・レベルを超えると出力は適切なステートにスイッチされます。 組み込みヒステリシスが振幅を取り除き、バウンスすることなく出力のスイッチング動作を実現します。

https://www.micronas.tdk.com/sites/default/files/svg/block_hal2xy_0.svgHAL 5xy
https://www.micronas.tdk.com/sites/default/files/fallback/1500px_block_hal2xy_0.gifHAL 5xy