磁気センサ

SENT出力を備えたエントリ・レベルの 新しいリニア・ホールセンサについて

2019/03/26 - Trade News - PR1905

  • SENT(SAE J2716 Rev. 4)出力を備え、コスト・パフォーマンスの高いプログラム可能なリニア・ホールセンサ
  • 信号パス監視機能
  • 自動車ならびに産業機器向けAEC-Q100評価済み

2019年3月26日

TDK株式会社(社長:石黒 成直)は、本日、子会社で磁気センサならびに組み込みモータ・コントローラ・メーカーであるTDK-Micronas(以下、TDKミクロナス)の、リニア・ホールセンサ製品群に新たにSENTプロトコル(SAE J2716 Rev. 4)を備えたHAL 1890が加わったことを発表します。HAL1890は、現在のHAL 188x製品群と同様に、小型で堅牢性と高いコスト・パフォーマンスを提供します。さらに、HAL 1890は、デジタル出力信号監視機能を備えています。過酷な環境において、90° までの微小な角度と数ミリの直線距離計測に最適なシステム・ソリューションを提供します。デュアル自動トランスミッションのギア位置検出、産業向け、あるいはRV車などのステアリング・トルク・センサなどに使用することが可能です。 HAL 1890のサンプルはすでに出荷を開始しており、量産は2019年下半期を予定しています。

HAL1890はSENTデータ・フォーマット(H.2 & H.4)をサポートし、また、高速、低速信号伝達チャネルでのエラー情報送信もサポートします。プログラム可能な出力信号クランピングにより、過小/過大電圧、アンダー/オーバー・フロー信号パス、過電流などの障害を検知し、エラー情報として送信します。HAL 1890の信号パスは、外部プログラミングにより柔軟性を提供し、磁場範囲、感度、オフセット、温度係数などの主な特性は、不揮発性メモリ内でプログラムされます。外部出力のピン一本でプログラミング・インターフェースを通して、複数のセンサを同時にプログラムすることが可能です。HAL 1890は、磁気入力信号から正確でカスタマイズ可能な出力を生成し、最大の5 kHzバンド幅までサポートする10-bit出力解像度を提供します。

TDK-Micronasの磁気センサ・プロダクト・マーケティング・マネージャーであるMatthieu Rezéは次のようにコメントしています。

「HAL 1890は、保護機能と診断機能を備えていて、過酷な環境下でもその利点を活かすことができます。さらに、最新SENTプロトコルも利点のひとつである、センサ・データとエラー・コードだけでなく、センサID、磁界範囲、感度、オフセットなどのパラメータを転送する機能も提供します。安全とより大きいデータ転送を求める顧客にHAL 1890は、高いコスト・パフォーマンスでさまざまな利点を提供します。」

HAL 1890は、AEC-Q100により評価されていて、鉛フリーでマット錫メッキされたリード・フレームの3 ピンTO92-UAパッケージで提供されます。このパッケージの3本のピンは、ピン間1.27 mmのイン・ラインタイプと、溶接を容易にするためのピン間2.54 mmのスプレッド・タイプを用意しています。

用語集

  • SENT = Single Edge Nibble Transmission

主な用途

  • ロータリ・シフタなどの自動車向け回転小角度検出
  • ギア位置センシングなどの自動車向け直線位置検出

主要な特長と利点

  • SENT(SAE J2716 Rev. 4)出力サポート
  • 安全な情報フレーム・フォーマット(H.2 & H.4)で3 & 6データ・ニブルをサポート
  • 拡張された8-bit IDシリアル・メッセージ・フォーマット
  • 再利選択可能なクランピング・レベルで診断を選択
  • 診断機能全般
  • 出力ピンまたは電源電圧変調によるプログラミング
  • 静磁界から最大5 kHzの変動磁界で動作

主な仕様

 
型番HAL 1890
パッケージQ TO92-UA
デジタル出力フォーマットSENT(SAE J2716 Rev. 4)出力
計測磁界範囲40 mT ~ 160 mT
精度10 bit
動作温度範囲ジャンクション温度 - 40 °C to 170 °C
サンプル提供開始時期2019年3月

 

Product video

 

TDK株式会社について
TDK株式会社(本社:東京)は、各種エレクトロニクス機器において幅広く使われている電子材料の「フェライト」を事業化する目的で1935年に設立されました。
主力製品は、積層セラミックコンデンサ、アルミ電解コンデンサ、フィルムコンデンサ、インダクタ、フェライトコア、高周波部品、ピエゾおよび保護部品等の各種受動部品をはじめ、温度、圧力、磁気、MEMSセンサなどのセンサおよびセンサシステムがあります。さらに、磁気ヘッドや電源、二次電池などです。これらの製品ブランドとしては、TDK、EPCOS、InvenSense、Micronas、Tronics、TDK-Lambdaがあります。
アジア、ヨーロッパ、北米、南米に設計、製造、販売のネットワークを有し、現在、情報通信機器、コンシューマー製品、自動車、産業電子機器の分野において、電子部品のリーディングカンパニーを目指しビジネスを展開しています。2018年3月期の売上は約1兆2000億円で、従業員総数は全世界で約103,000人です。

TDK ミクロナスについて
TDKミクロナスは、ホールセンサならびにモータ制御コントローラの開発、設計、製造を担う専業メーカーです。世界各地の主要なカー・エレクトロニクス・メーカに、価値ある製品とソリューションを提供し続けてきました。事業本部はフライブルク・イム・ブライスガウにあります。従業員数は約1000 人です。会社概要と製品の詳細についてはwww.micronas.tdk.com で紹介しています。

 

報道関係者の問い合わせ先
リージョン コンタクト 電話 メール
セールス& マーケティング TDK ミクロナス株式会社  +49 761 517 2531 sales.japan@micronas.com

ダウンロード